大工のお仕事



ノバルティスの腎細胞がん治療薬は「比較的使いやすい」(医療介護CBニュース)

 東大先端科学技術研究センターの赤座英之特任教授は5月24日、ノバルティスファーマ主催の腎細胞がん治療薬「アフィニトール錠」発売記者説明会で、「腎細胞がんの治療の幅が広がったことは間違いない。安全性の面から比較的使いやすい薬だと思っている」と評価した。

 腎細胞がんに対する薬物療法をめぐっては、サイトカイン製剤(インターフェロン、インターロイキン)に続き、最近になってバイエル薬品のネクサバール(発売=2008年4月)、ファイザーのスーテント(同6月)、ノバルティスファーマのアフィニトール(今年4月)と分子標的薬の発売が相次いでいる。
 アフィニトール(mTOR阻害剤)は、ネクサバールおよびスーテント(チロシンキナーゼ阻害剤=TKI)と作用メカニズムが異なり、ノバルティスでは「これまで使える薬剤がなかったTKI治療後の患者さんに使える薬剤」と位置付けている。

 説明会で赤座特任教授は、アフィニトールの安全性について「TKIで積み重ねてきた経験と比較すると、使いやすい薬だと思っている。ただ、免疫抑制剤であることから、感染症の合併患者や結核、肝炎ウイルスの既感染者などに注意が必要。また、肺に対する副作用が今までのものより強いという点に注意しなければいけない」と述べた。

 また、分子標的薬が抱える課題として、「臨床試験のスピードアップに伴い、効果・副作用の人種差が軽視されているきらいがある」とし、「日本国内での全例調査は非常に重要な意味を持ってくる」と指摘。また、「今のところ薬価が高いことに対する答えはないが、今後、各種薬剤に適した患者を選び出す治療の個別化が必要になってくる」と述べた。


【関連記事】
ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」
DPP-4阻害薬とSU薬との併用に注意
武田薬品、新製品5品目の承認を取得
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定
抗がん剤2品目の承認を了承―医薬品第二部会

「ぜいたくしたい」生活保護通院費120万不正受給(読売新聞)
<人権擁護委>群馬県に侵害を勧告 女性の昇進差別で(毎日新聞)
<両陛下>全国植樹祭に出席、苗木を植樹 神奈川・南足柄(毎日新聞)
【合縁奇縁】編集委員・岡部伸 「現代の明石元二郎」(産経新聞)
<警察庁>児童ポルノ根絶を訓示 少年担当課長会議で(毎日新聞)
[PR]
by 4mtg2eqkmn | 2010-05-28 03:14
<< 民主代表選 菅氏、3日夕に出馬... <新党改革>荒井幹事長が出馬表... >>


大工って、実は意外と稼げるんです。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧